ファッション

三陽商会22年2月期は10億円の営業赤字

 三陽商会2022年2月期連結業績は、営業損益が10億円の赤字(前期は89億円の赤字)だった。バーバリーショック以来6期ぶりの営業黒字を目指した(期初計画は営業黒字1億円)が、新型コロナの影響長期化で主力の百貨店販売が苦戦し、達成はならなかった。純損益は6億円の黒字(前期は49億円の赤字)。これは企業年金制度の改定に伴い、特別利益を12億円計上したことなどによるもの。

 売上高は前期比1.9%増の386億円で、期初計画440億円には届かなかった。新型コロナ新規感染のペースが緩まった9〜12月期以外は販売苦戦が響いた。値引き販売の抑制により、売上総利益率は前年から9.7ポイント改善し48.0%とした。

 販管費率は前年(61.8%)から11.1ポイント削減し50.7%。人員適正化、不採算店舗撤退などの構造改革を進め、販管費は2年間(20年2月〜22年2月)で削減目標40億円の2倍以上となる108億円を削減した。

 23年2月期連結業績は売上高560億円、営業利益12億円、純利益9億円を予想する。なお同社は当期から会計基準を変更し、百貨店取引における販売手数料を販管費として計上する。そのため売上高の前期との比較は行わない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら