ビューティ

マッシュビューティーラボが新人事発表 小木充副社長は退任

 マッシュビューティーラボは3月1日付けの新人事を発表した。マッシュホールディングス(以下、MHD)の近藤広幸社長は、マッシュビューティーラボのブランド事業本部・PR本部本部長代理も兼任する。オリジナルブランド事業の強化に加えPR活動を加速する。椋林裕貴マッシュビューティーラボ副社長はリテール事業本部本部長代理も兼任し、事業とブランド間の連携を強化、シナジー創出を図る。

 須藤誠MHD執行役員兼マッシュスタイルラボ取締役兼ウサギオンライン社長は、マッシュビューティーラボ取締役EC事業本部本部長に就任し、時代に即したEC事業を推進する。満塩雅一マッシュライフラボ社長はマッシュビューティーラボ執行役員ホールセール・サードパーティー事業責任者に就き、ホールセール及びサードパーティEC営業責任者として着任することで、多様な流通経路の獲得および需要の新規開拓に取り組む。

 なお、小木充マッシュビューティーラボ副社長は2021年12月31日付けで退任、退社した。

 マッシュビューティーラボは、マッシュグループの傘下として10年に設立。ナチュラル&オーガニックのセレクトショップ「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」、食やコスメ、ライフスタイル製品を取り扱うセレクトショップ「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」、「メイクアップキッチン(MAKEUP KITCHEN)」を運営するほか、プライベートブランド「セルヴォーク(CELVOKE)」「トーン(TO/ONE)」「スナイデル ビューティ(SNIDEL BEAUTY)」を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。