ファッション

ZOZO 610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^ Vol.8 UAの重松さんが出店を決めてくれました

有料会員限定記事

 座右の銘は「鳴かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、2月1日から「ファッションチアリーダー」として活動する武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

前号から続く)
 ZOZOTOWN立ち上げにあたり、大手セレクトにも営業に行きました。ユナイテッドアローズ(以下、UA)は、当時ルミネやアウトレットへの出店もイチ早く決めていて先進的でした。そしてたまたま僕の妻が当時UAで働いていたんです。なんとか創業者の重松(理・現名誉会長)さんに話ができればと、妻を介して、「一度うちの会社を見てもらって、事業を説明させてほしい」とアプローチしました。

 当時、UAもECに対してすごく研究していたみたいです。重松さんは妻の話に興味を持ってくれて、千葉のオフィスまで来てくださったんです。僕らのオフィスは、物流倉庫兼オフィスという感じだったのですが、前澤(友作)さんは当時からフェラーリ(FERRARI)が好きで。「フェラーリで一番カッコいいのは、工場だ」「工場がカッコいいから、フェラーリはカッコいいんだ」とよく言っていました。「だから俺らも倉庫までカッコよくしようぜ」と、システム収納「USMハラー」を倉庫棚にしていました。結構、お金をかけていましたね。そこに洋服をしまっては出してを繰り返していました。社長室みたいな小部屋もあって、そこは前澤さんが自分の好きなソファを置いてしゃれた感じにしていました。

 多分、重松さんも千葉の小さい会社に来て、こんなにファッショナブルにやってると思わなかったんじゃないでしょうか。若者が10人ぐらい集まって、「倉庫もカッコよく!」みたいなところに新鮮味を覚え、共感してくれたんだと思います。社長室で30分ぐらい雑談した結果、「一度取締役会に出てプレゼンしてよ」と言ってくれました。

この続きを読むには…
残り1114⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら