ファッション

丸紅、インフルエンサーによるD2C事業 Niina、安保彩世、川本七海と協業

 丸紅は、インフルエンサーとの協業によるD2C事業に乗り出した。有力インフルエンサーが監修するブランドを集めたECサイト「リット・ライブラリ(LIT LIBRARY)」を12月末に開設。同社の繊維ファッション部門はOEM(相手先ブランドの生産)など企業向けを主力としているが、D2C事業を通じて消費者に近いビジネスを新たに構築する。

 インスタグラムやユーチューブで活躍する3人の女性インフルエンサーとオリジナルブランドを開発した。ストリートファッションが支持されるモデルのNiina(フォロワー数12万7000)による「クマラ(KUMARA)」、Z世代の人気を集める安保彩世(同5万1000)による「クレデュ(CLEDU)」、元「スライ(SLY)」のビジュアルスタッフだった川本七海(同5万2000)による「ビィデン(BEEDEN)」の3ブランドを20〜30代の女性に向けて直販する。各インフルエンサーおよび各ブランドのアカウントを通じて発信を強める。SNSを通じた顧客とのコミュニケーションを企画にも生かす。

 各ブランドは「外出」をコンセプトにしており、品番を絞り込みながらも、ディレクターの個性を生かしたユニークなデザインを前面に出す。当面は消費者の反応を見ながら、高い技術のある国内工場で小ロット生産する。中心価格はワンピースで1万〜2万円台。

 D2C事業を通じて「マーケットインの手法を磨くことで、OEMやODM(相手先ブランドの企画・生産)にも相乗効果を創出していきたい」(担当するライフスタイル第一部の今西正幸氏)。部内の若手社員がインフルエンサーと連携しながら、SNSでの発信やデジタルマーケティングの実践法を習得していく。

 夏には新たなインフルエンサーを3人加え、6人体制にする。ポップアップなどのリアルな接点を設けることも視野に入れる。売上高はリット・ライブララリとしてまずは数十億円を目指す。

 昨今、大手企業がインフルエンサーなど個人によるD2Cブランドのプラットフォームを作る動きが相次ぐ。ファッションEC最大手のZOZOはアパレル経験のない個人と一緒にブランドを作る「ユアブランドプロジェクト」、総合アパレルのワールドも同様に個人のブランド設立を支援するワールド・ファッション・クラウド」をそれぞれ始動させた。丸紅もクリエイターエコノミーと呼ばれるこの市場に参入する。国内外の生産や販売のネットワークなど、総合商社の武器を生かして事業拡大する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら