ファッション

ロコンドが英国で急成長中のスポーツウエアブランド「カストーレ」を独占輸入販売

 シューズとアパレルのネット通販サイト「ロコンド」を運営するロコンドはこのほど、英国のスポーツウエアブランド「カストーレ(CASTORE)」と国内独占代理店契約を締結した。2022-23年秋冬物から販売する。従来インポートブランドとの独占代理店契約は商社が行ってきたが、ECサイトを運営するロコンドは直接の販売に乗り出す。同社は16年からスペイン発ファストファッションブランドの「マンゴ(MANGO)」の運営を行っており、第2弾になる。

 「カストーレ」は2015年にフィリップ・ビーホン(Philip Beahon)とトーマス ビーホン(Thomas Beahon)兄弟が設立した英国発のD2C型のスポーツウエアブランド。サッカーやテニスなど英国のプロスポーツチームやプレイヤーと積極的な提携で人気を拡大。日本を含む海外への無料配送なども行っており、現在は50カ国・地域に販路を広げている。ロコンドとの提携で、日本市場を開拓する狙いがあると見られる。

 ロコンドは自社ECサイト「ロコンド」、21年9月に買収したサッカーウエアのECサイト「スポーツウェブショッパーズ(SWS)」に加え、ロコンドは自社倉庫を活用した在庫一元化サービスも提供しており、他社のECモールや店舗での販売も行う。同社は人気ユーチューバーのプロゴルフプレイヤーの中井学と提携したゴルフウエアブランド「ニブリック ゴルフ(NIBLIC GOWF)」もスタートしており、スポーツアイテムの拡充に取り組んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら