ファッション

ECモール「ストライプデパートメント」が2月末で営業終了

 ストライプデパートメントが運営するECサイト「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」は、2月末で営業を終了し、3月末でサイトを閉鎖すると発表した。閉鎖の理由は「当初の計画に対して、大幅に業績拡大が遅れたため」(広報担当者)。ストライプデパートメントは解散予定。

 同社はストライプインターナショナルとソフトバンクの合弁として18年にサービスをスタート。F2層(35〜49歳の女性)向けのECモールとして、海外のデザイナーズブランドも積極的に導入していた。流通取引総額は非公表。

 ストライプインターナショナルは、東京・渋谷で運営している「ホテル コエ トーキョー(HOTEL KOE TOKYO)」を1月末で閉館することも発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら