ニュース

「ストライプデパートメント」がビューティ分野でもパーソナル接客開始

 F2層(35~49歳)向けのECサイト「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」は9日、ビューティ分野でパーソナルアドバイスサービスを開始した。利用者が答えたアンケートをもとに、チャットでビューティアドバイザーが商品を提案する。利用料金は1回あたり1000円だが、提案された商品を1点でも購入すればアドバイス自体は無料となる。サービス導入によってセット購入率を高め、「1回あたりの購入金額を1.5倍以上にする」(広報担当者)。

 同サイトは、ストライプインターナショナルとソフトバンクの合弁企業、ストライプデパートメントが2018年2月に立ち上げた。化粧品は9月から販売している。パーソナルアドバイスの対象となるのは、「ウカ(UKA)」「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」など約30ブランド。サイト上で肌のコンディションや悩み、生活習慣などについてのアンケートに回答し、任意で写真もアップロードする。チャットではさらに細かな希望を伝えることが可能だ。その後、アンケートとチャットをもとに、アドバイザーが選んだ商品リストが届き、そこから商品を注文することができる。

 同サイトはファッション分野で、スタイリストが商品を提案するパーソナルスタイリングサービスを既に行っている。ビューティ分野でのサービス開始のために、新たにビューティアドバイザーを雇用した。アドバイザーは対象ブランドの研修を受けている。サービス開始に合わせ、アドバイスの無料キャンペーンを行う。7月31日までの予定。

 同サイトは現在、「ニナ リッチ(NINA RICCI)」などの海外ラグジュアリーブランドを含め、約800ブランドを扱っている。「立ち上げから1年弱の間でこれだけのブランド数が集まったことは順調といえる。客単価は年間平均で1万6000円を割っていない」と、石川康晴ストライプデパートメント社長は出足に自信を見せる。単純比較はできないが、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の平均出荷単価は2018年4~9月期で7777円で、この間下落傾向が続いている。「ストライプデパートメント」は「訪問客数の拡大が今後の課題」(石川社長)だが、「2~4月の売上高は前年同期の3倍は見込める」という。