ファッション

「バレンシアガ」が寅年を記念した新作コレクションを発売

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、今年の干支である寅に焦点を当てたコレクション“バレンシアガ イヤー オブ ザ タイガー(Balenciaga Year of the Tiger)”を発売した。同ブランドの一部直営店と公式オンラインストアで取り扱う。

 コレクションは、メンズやウィメンズ、キッズのプレタポルテに加えて、バッグやシューズ、アクセサリー、ジュエリーで構成。オレンジのタイガーストライプをあしらったジップアップジャケット(税込24万2000円)やニット(同15万4000円)、シャツ(同17万8200円)などを用意する。

 またスポーツに着想した吠えるトラモチーフを、パーカ(同10万3400円)やTシャツ(同6万7100円)、キャップ(同4万9500円)、キャッシュカードケース(同4万6200円)などに配した。

 キャンペーンビジュアルは、2020年プレ・フォール・コレクションの広告ビジュアルも撮影したフォトグラファーのクリス・マッジョ(Chris Maggio)が担当。ある角度から見ると1人のモデルが2人いるような錯覚風の演出で、独特の世界観を表現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら