ファッション

「ステラ マッカートニー」2016年春夏パリ・コレクション

REPORT

この夏は色と柄のグラフィカルレイヤードを楽しもう

見所は大胆な色と柄のレイヤードスタイル。

冒頭はボールドチェックのシリーズ。赤や緑、黒に染め、不規則に切り替えてグラフィカルに仕上げている。ポロシャツディテールやスポーティーなサンダルが、軽やかで快活な印象を強めた。チェック柄は、カラフルに染めたボーダーや細かいプリーツと合わせることでさらにグラフィカルに。

中盤に多用したカラフルプリーツは、ブラックやホワイトとのバイカラーやグラデーションに染めて、奥行きをプラス。さらにヘムをランダムにカットすることで、立体的で彫刻のような印象に仕上げている。プリーツのレイヤードスタイルは、ともすればやぼったくぽってりとしたシルエットになりかねないが、ヘムをカットし、シアー感のある軽やかな素材を用いているため、軽快だ。

ステラが得意とするテーラードスタイルは、ぐっとリラックスした印象に。太ももまで届くロング丈をほっそり仕上げ、リラックス感のあるワイドパンツと合わせた。

後半に登場するプリミティブな渦巻き柄も目を引く。落書き調で遊び心満載だ。プリントで表現したり、リボンを刺しゅうしたり、ニットの編み地になったり。特にlook30のセットアップはファッショニスタから熱い視線を集めそうだ。これは、アブストラクトな彫刻からインスピレーションを得たという。

この夏は、カラフルな色とレイヤードを大胆に掛け合わせたスタイルを楽んで、そんなステラのメッセージが伝わってくるイージーでハッピーなコレクション。

 

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら