ビジネス

ニトリが銀座店を閉店 都心店の先駆け

 ニトリは、マロニエゲート銀座店を1月10日に閉店した。都心店の先駆けとして、商業施設のマロニエゲート銀座2内の5〜6階に約2970平方メートルの売り場を展開。家具から生活雑貨まで幅広い商品を販売していた。

 同店は2015年4月にプランタン銀座(現マロニエゲート銀座2)6階に約1500平方メートルの売り場として開店した。郊外を主戦場にしてきた「ニトリ」にとって都心の“百貨店1号”だった。その後の新宿高島屋タイムズスクエア店(16年12月)、池袋東武店(17年3月)、渋谷公園通り店(17年6月)への出店につながっていく。17年3月にプランタン銀座が現在のマロニエゲート銀座2に改装された際、2倍に増床して現在の売り場面積になっていた。同じビルの1〜4階では「ユニクロ」がグローバル旗艦店「ユニクロトウキョウ」を営業している。


【WWDJAPAN Educations】オンラインセミナー案内


お申し込みはこちら
小売業の進む方向を、先進事例から解説
米国・中国・欧州の最新リテール事情 ファッション&ライフスタイル販売戦略のヒント
受講日時:2022年1月21日(金)、28日(金)、2月4日(金)

生活スタイルや意識の変化もあって、コロナ前からの潮流だった消費のデジタルシフトが加速。小売各社はOMO(オンラインとオフラインの融合)を軸に、新しいビジネスモデルの構築を急いでいます。

本セミナーでは、小売業の進む方向を、米国・中国・欧州の3エリアの先進事例から解説します。巨大企業やスタートアップ企業が入り混じってダイナミックなDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める米国、ライブコマースやAI(人工知能)を駆使した独自の変革を遂げる14億人市場の中国、リニューアルや新施策で実店舗の価値創造に取り組む欧州を、現地駐在の専門家らが詳しく解説します。

※全受講および第1回のお申込みは、1月20日(木)12時で締切となります
※第2回単発受講は1月27日(木)12時、第3回は2月3日(木)12時をもって受付終了となります

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら