ファッション

ニトリが渋谷に旗艦店オープン 都心に出店続々

 インテリア販売大手のニトリ(NITORI)は、渋谷区に都内初となる旗艦店を出店する。ニトリ渋谷店(仮)の場所は神南のファイヤー通りにあるカラオケ店シダックスビレッジ跡。シダックスビレッジは地下1階、地上9階で、昨年8月にシダックスの全国的な店舗縮小により閉店。このビルはファッショビルを運営する丸井(MARUI)が1991年、インテリア店マルイ インザルーム渋谷として建設し、98年マルイワン渋谷に業態転換後、2004年に閉店した。同年にシダックスがビルを購入し、カラオケ店やイベントホールと本社が入居するシダックスビレッジとして運営していた。工事計画によると、工事期間は5月末日までとなっており、6月以降にオープンするようだ。ニトリの広報は出店に関しては認めているが、コメントを控えている。

 ニトリは15年、プランタン銀座(現マロニエゲート銀座店)に初の百貨店内店舗を出店。その後も新宿高島屋タイムズスクエア店や中目黒店など都内の出店を加速している。首都圏では小型店用「毎日でも立ち寄れる店」がコンセプトのブランド「デコホーム(DECO HOME)」も積極的に出店しており、渋谷区内では、渋谷東急東横店がある。

【関連記事】
■ニトリ30年連続増収増益に手応え 17年2月期見通し
■ニトリが東急東横店と上野マルイに出店
■ニトリが池袋東武に出店 新宿高島屋に続き百貨店に進出

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら