ファッション

YKKファスニングアワード、グランプリは香蘭ファッションデザイン専門学校の行廣賢太さんと文化服装学院の鄭振甫さん

 YKKはこのほど、学生を対象としたファッションデザインコンテスト「YKKファスニングアワード」の受賞者を発表した。アパレル部門のグランプリは香蘭ファッションデザイン専門学校の行廣賢太さん、ファッショングッズ部門のグランプリは文化服装学院の鄭振甫(てい・しんふ)さんが受賞した。グランプリ受賞者には賞金100万円、優秀賞には20万円、特別賞には10万円が贈られる。

 「YKKファスニングアワード」は学生向けのコンテストとしては日本最大級のコンテストで、今年で21回目。今回は全国から7879点の応募があった。YKKファスニングアワードの歴代受賞者には「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」の丸龍文人(第3回優秀賞)デザイナーらがいる。審査員はアーティストの舘鼻則孝、「ソマルタ」の廣川玉枝、デザイナー/モデリストの坂口英明、デザイナーの藤田恭一、アーバンリサーチの村手謙介「バイヤーズセレクト」ブランドディレクター、大谷裕明YKK社長が務めた。

■第21回「YKKファスニングアワード」受賞者
アパレル部門
グランプリ:行廣賢太(ゆきひろ・けんた、香蘭ファッションデザイン専門学校)
優秀賞:KIM BOBAE(きむ・ぼべ、東京モード学園)
審査員特別賞:苗田(びょう・でん、名古屋モード学園)
YKK特別賞:石川泰生(いしかわ・たいせい、文化服装学院)

ファッショングッズ部門
グランプリ:鄭振甫(てい・しんふ、文化服装学院)
優秀賞:金山大智(かねやま・だいち、文化服装学院)
審査員特別賞:中島萌(なかじま・もえ、文化服装学院)
YKK特別賞:竹井雅孝(たけい・まさたか、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら