ニュース

YKKファスニングアワード、グランプリは文化服装学院のカン・ヒョンクとワン・チポン

 YKKは、学生を対象としたファッションデザインコンテスト「YKKファスニングアワード」の受賞者を発表した。アパレル部門のグランプリは文化服装学院のカン・ヒョンク(Kang Hyung Ku)、ファッショングッズ部門は同じく文化服装学院のワン・チポン(Wang Qipeng)が受賞した。両部門ともグランプリと優秀賞を、海外からの留学生が占めた。大谷裕明YKK社長は、「日本から世界へ羽ばたく日本の学生を支援するために始めたコンテストだが、日本の学校の学生であれば国籍は関係ない。素晴らしい作品だった。ぜひ今後も活躍してほしい」と語った。グランプリの2人には賞金100万円と副賞のYKKファスニング製品5万円相当が授与された。

 今回で17回目を迎える「YKKファスニングアワード」は、学生向けのコンテストとしては日本最大級のコンテストの一つ。全国68校から、5216点の応募があった。審査員は「ソマルタ」の廣川玉枝と舘鼻則孝、村手謙介アーバンリサーチ統括バイヤーらが務めた。

■第17回「YKKファスニングアワード」受賞者
アパレル部門
グランプリ:カン・ヒョンク(Kang Hyung Ku、文化服装学院)
優秀賞:アレキサンドラ・クストヴァル・ラーション(Alexandra Kustvall Larsson、東京モード学園)
審査員特別賞:後藤弘樹(大阪モード学園)
YKK特別賞:太田美咲(名古屋モード学園)

ファッショングッズ部門
グランプリ:ワン・チポン(Wang Qipeng、文化服装学院)
優秀賞:孔令謙(こうれいけん、文化服装学院)
審査員特別賞:斎藤瑠香(杉野服飾大学)
YKK特別賞:芝氏莉乃香(エスモードジャポン 京都校)

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら