ファッション

YKKファスニングアワード、グランプリは名古屋モード学園の伊藤香苗さんとヒコ・みづのの土方春稀さん・細川悠眞さん

 YKKは4日、学生を対象としたファッションデザインコンテスト「YKKファスニングアワード」の受賞者を発表した。アパレル部門のグランプリは名古屋モード学園の伊藤香苗さん、ファッショングッズ部門はヒコ・みづのジュエリーカレッジの土方春稀さん・細川悠眞さんが受賞した。グランプリ受賞者には賞金100万円と副賞のYKKファスニング製品5万円相当が授与された。

 審査員の藤田恭一「ピエール・カルダン(PIERRE CARDIN)」クリエイティブ・ディレクターは、 “color”をテーマに織を駆使した伊藤の作品について、「クラフツとテクノロジーを見事に融合させた」と評価。“靴にも傘を”と題して雨除けカバーの機能を付帯させた土方・細川のスニーカーについては、村手謙介アーバンリサーチ統括バイヤーが「靴を覆うというアイデアはよくあるが、シンプルで完成度の高いデザインが良かった」と選定理由を述べた。

 大谷裕明YKK社長は「非常にレベルが高く、ファスナーを使ってこんなものづくりができるのかと気付かされた。サステナビリティが叫ばれる業界で、消費者のニーズに敏感になり、本当に求められているプロダクトを生み出す姿勢を大切にしてほしい」と呼び掛けた。

 学生向けのコンテストとしては日本最大級のコンテストである「YKKファスニングアワード」は今年で18回を数える。全国58校から、6056点の応募があった。審査員はその他「マヌカンズジャポン(MANNEQUINS JAPON)」の坂口英明、「ソマルタ」の廣川玉枝、アーティストの舘鼻則孝、「フット ザ コーチャー(FOOT THE COACHER)」の竹ケ原敏之介が務めた。

■第18回「YKKファスニングアワード」受賞者
アパレル部門
グランプリ:伊藤香苗(名古屋モード学園)
優秀賞:山崎綾子(上田安子服飾専門学校)
審査員特別賞:瀬戸川裕太(エスモードジャポン 京都校)
YKK特別賞:池川遼(大阪モード学園)

ファッショングッズ部門
グランプリ:土方春稀・細川悠眞(ヒコ・みづのジュエリーカレッジ)
優秀賞:伊藤里諸(中部ファッション専門学校)
審査員特別賞:森雄浩・五十嵐陸人(ヒコ・みづのジュエリーカレッジ)
YKK特別賞:鈴木裕里加(東京モード学園)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。