ファッション

LVMH傘下の時計「ウブロ」が12月4日、表参道店をオープン

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のスイスの時計ブランド「ウブロ(HUBLOT)」は12月4日、表参道エリアで初となる直営店「ウブロ表参道ブティック」をオープンした。売り場面積は約205平方メートルで、7月31日までフランスの子ども服ブランド「プチバトー(PETIT BATEAU)」の表参道店があった場所。

 自然光が差し込む店内には色鮮やかなポップアートを随所に使い、ブランドコンセプトである“アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)”を体現する。また、「ウブロ」として初めてフリーアクセスディスプレーを採用した。これまでスタッフに声を掛けて時計をショーケースから出して見ていたものに、ガラス越しではなく直接触れることができる。100万~300万円台が中心価格帯の「ウブロ」にとって新しい試みだ。

 国内で初めて、ストラップ&アクセサリー専用コーナーを2階に設けたことも特徴だ。ストラップはラバー、レザー、ファブリックといった素材や、カラー展開が豊富で、アクセサリーはサングラス、カフス、ペン、ベルトなどをラインアップする。さらに、バーカウンターを併設した3階のVIPルームからは表参道のケヤキ並木が一望できる。

 「ウブロ」は1980年に創業。ボリュームと存在感のある“ビッグ・バン”、対極的に薄型でシンプルな“クラシック・フュージョン”などがアイコンモデルだ。

■「ウブロ」表参道ブティック
オープン日:12月4日
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前5-8-2

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら