ファッション

「ラルフ ローレン」初のスケートリンクが銀座に登場 利用者に手袋とラテをプレゼント

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)は、東京・銀座の期間限定店「ラルフ ローレン 銀座」内のガーデンテラスに同ブランドが手掛ける初のスケートリンク「ラルフ ローレン スケートリンク」を2022年1月31日までオープンしている。

 スケートリンクは冬のニューヨークをイメージした雰囲気で、中央にイルミネーションが輝く大きなシンボルツリーを配置した。スペインの人工氷板製造会社「エクストラアイス(Xtraice)」の新素材を採用し、水と電気を使わないサステナブルな仕様だ。

 利用方法は、「ラルフ ローレン 銀座」公式LINEアカウントから事前予約が必要となる。定員は各回12人(1日6部)で、滑走時間は45分間、利用料金は税込2000円(5〜12歳は同1000円、レンタルシューズ代を含む)。利用者を対象に、「ポロ ラルフ ローレン」のオリジナルグローブと、カフェ「ラルフズ コーヒー」の限定スペシャルドリンク“アップルサイダーティーラテ”を提供するという。

 また、期間中に5歳~12歳を対象とした「スケートリンク キッズスクール」を開校する。プロアイススケーターをはじめとするインストラクターが、フィギュアスケートの基礎を教える。

 オープン前日の12月6日には、プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子がイベントに登場した。全身「ラルフ ローレン」の衣装を着用し、スケートリンクでパフォーマンスを披露。村上は「フェンスにあるロゴマークがすごくかわいいですね。中央に大きなツリーがあるスケートリンクはあまりないので、すごく新鮮です。ライトアップされていている夜の雰囲気も本当に素敵。こういう場所での夜のデートに憧れます」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。