ファッション

「ラルフ ローレン」初のスケートリンクが銀座に登場 利用者に手袋とラテをプレゼント

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)は、東京・銀座の期間限定店「ラルフ ローレン 銀座」内のガーデンテラスに同ブランドが手掛ける初のスケートリンク「ラルフ ローレン スケートリンク」を2022年1月31日までオープンしている。

 スケートリンクは冬のニューヨークをイメージした雰囲気で、中央にイルミネーションが輝く大きなシンボルツリーを配置した。スペインの人工氷板製造会社「エクストラアイス(Xtraice)」の新素材を採用し、水と電気を使わないサステナブルな仕様だ。

 利用方法は、「ラルフ ローレン 銀座」公式LINEアカウントから事前予約が必要となる。定員は各回12人(1日6部)で、滑走時間は45分間、利用料金は税込2000円(5〜12歳は同1000円、レンタルシューズ代を含む)。利用者を対象に、「ポロ ラルフ ローレン」のオリジナルグローブと、カフェ「ラルフズ コーヒー」の限定スペシャルドリンク“アップルサイダーティーラテ”を提供するという。

 また、期間中に5歳~12歳を対象とした「スケートリンク キッズスクール」を開校する。プロアイススケーターをはじめとするインストラクターが、フィギュアスケートの基礎を教える。

 オープン前日の12月6日には、プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子がイベントに登場した。全身「ラルフ ローレン」の衣装を着用し、スケートリンクでパフォーマンスを披露。村上は「フェンスにあるロゴマークがすごくかわいいですね。中央に大きなツリーがあるスケートリンクはあまりないので、すごく新鮮です。ライトアップされていている夜の雰囲気も本当に素敵。こういう場所での夜のデートに憧れます」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら