ビジネス

CCCの「シェアラウンジ」が出店攻勢 代官山蔦屋2階もリニューアル、「まずは首都圏に100店舗」

 TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、代官山 蔦屋書店の3号館2階をラウンジ&ワークスペース業態「シェアラウンジ(SHARE LOUNGE)」にリニューアルした。12月3日にグランドオープンする。

 音楽フロアだった3号館2階を「シェアラウンジ」に転換する。既存の内装を生かしつつ、テーブルや椅子、ソファを増やしてワークスペース・ラウンジ機能を拡充。約660平方メートルのフロアに187席を設ける。動画配信の機材をそろえた個室も用意し、オンライン会議にも対応する。

 仕事の休憩やラウンジ利用に対応するよう、スムージーやジュース、コーヒーなど全25種のドリンクと、代官山T-SITEのイタリアンベーカリー、プリンチ(PRINCI)のパンやスナック、スパークリングワインやクラフトビールなども提供する。“コンパクトな代官山 蔦屋書店”をテーマにアートや建築の書籍、ビジネス書や雑誌など約3500冊も並べる。

 営業時間は朝7時から夜10時まで。アプリで予約・決済ができ、QRコードによるスマートチェックイン・アウトも可能だ。60分プラン(税込1650円)をはじめ、1デイプラン(同6600円)や月額利用プラン(同5万5000円)など幅広いメニューをそろえる。

 「シェアラウンジ」は、“発想が生まれ、シェアする場所”をコンセプトに、2019年に渋谷スクランブルスクエアに初出店した。その後、二子玉川や湘南、名古屋や福岡などの地方にも出店し、代官山で13店舗目。CCC蔦屋書店カンパニーの梅谷知宏社長は、「以前から“個人の時代”になると考え、19年に同業態を始めた。既存店の反響と、コロナによるニーズの拡大を受け、出店攻勢をかける。まずは首都圏で100店舗だ」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら