ファッション

マッシュのアパレル企画トップに聞く 22年春夏リアルトレンドの展望

有料会員限定記事

 国内有力ブランドの2022年春夏の提案がほぼ出そろった。「スナイデル(SNIDEL)」「フレイ アイディー(FRAY I.D)」など、20〜30代女性に支持されるブランドを多数擁し、リアルトレンド市場をけん引する企業の一つがマッシュスタイルラボだ。同社の商品企画を統括する楠神あさみ取締役企画本部長に、22年春夏の展望を聞いた。

WWD:今秋冬(9〜11月)の店頭の動向について教えてほしい。

楠神あさみマッシュスタイルラボ取締役企画本部長(以下、楠神):当社全体の売り上げは、前年の同期間を上回って推移している。ここまで(〜11月下旬)は例年と比較して温暖な日が多く、街中ではカーディガンのような軽めの防寒着を着ている人も目立ったが、ようやく重衣料が本格的に動き出した。11月には初のブランド横断型コート販売イベント「コートラボ」を自社ECモール「ウサギオンライン(USAGI ONLINE)や商業施設のポップアップスペースで実施した。昨年よりも在庫は多めに積んだものの、完売する品番も多数出た。傾向としては、定番的で廃れないデザインよりも、心をくすぐるような色柄やディテールのある商品の動きがよかった。

WWD:緊急事態宣言の解除(10月1日)が大きな転換点となった?

この続きを読むには…
残り1686⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら