ファッション

「色」に「肌見せ」「Y2K」、2022年春夏に売れる最新トレンドは?【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 エネルギッシュな色、ミニ丈&カットアウトに代表される肌見せ、そして急浮上しているY2Kなどの中で、日本でも大きく花開きそうなトレンドは何か?2022年春夏のミラノ&パリを現地取材した通信員と、日本のウィメンズアパレルを深く知る記者、どちらかと言えばメンズやビューティに強い担当者の3人が、トレンドの咀嚼法から、ウィメンズの枠を超える影響力の有無、生活者のライフスタイルの変化などに想いを馳せながら、最新トレンドをざっくばらんに語り合った。

藪野淳/欧州通信員
 ウィメンズ・コレクション取材9年目。20-21年秋冬からトレンドブック制作を担当。普段は黒や紺を選ぶことが多いけど、春夏は鮮やかな色を取り入れたい。何色にしようかを考え中

五十君花実/副編集長
 前職時代も含め、16年ほどウィメンズのリアルクローズ市場を取材。ヘルシーな肌見せスタイルに注目が集まる来春夏に向け、プール通いに勤しんでいるが間に合うか……?

村上要/編集長
 メンズ取材は14、5年、ウィメンズも10年くらい担当。ショートパンツは、常に腰履きの元祖「Y2K」世代。ローライズが普及したら、来年の春夏は外出がもっと楽しくなるかも!?と期待

村上要「WWDJAPAN」編集長(以下、村上):「エネルギッシュなカラー」に「新しい時代を駆け抜けるための、ミニ丈に代表されるアクティブな肌見せ」が、パッと見でもよく分かる2022年春夏のトレンドですね。日本のマーケットにも波及するでしょうか?マイケル・コース(Michael Kors)は記者会見で、「みんな、肌見せを厭わなくなっている」って話していたけれど、コンサバ気味な日本はどうかな?

五十君花実「WWDJAPAN」副編集長:日本のアパレルブランドを取材していますが、色は、どこも使いたそうな印象です。

藪野淳「WWDJAPAN」欧州通信員:ランウエイには鮮やかな色が溢れましたが、日本でもイケそうなのは太陽の光をイメージさせる黄色からオレンジの“ソーラーカラー”かな?と思っています。

この続きを読むには…
残り2256⽂字, 画像13枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら