ファッション

ウィゴーが“原点回帰”で古着を強化 古着特化の下北沢やアメ村の店舗が好調

 ウィゴー(WEGO)は2021-22年秋冬シーズンから古着の打ち出しを強化する。顧客層である若年層間で古着需要が高まっていることを受け、9月18日には札幌、仙台、名古屋・大須、京都、心斎橋、三宮、広島の大型店をリニューアルし、店舗のうちのワンフロアを古着に特化した「ウィゴー ヴィンテージ」の業態に切り替える。広報担当者は古着に特化した品ぞろえの下北沢と大阪・アメリカ村の店舗が好調といい、「古着カルチャーへの関心が高まっている今、古着屋として誕生したウィゴーの原点に立ち返り、強みを生かした提案をしていくべき」(広報担当者)と判断した。

 仕入れは主に1990〜2000年代のアイテムが中心。特に「ラコステ(LACOSTE)」のカーディガンや「ポロ ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)」のストライプシャツ、カレッジTシャツなどが人気だという。

 古着強化の一環として、オリジナル商品も古着らしいディテールを反映したアイテムを企画。グランジやY2K(2000年前後のファッションのこと)、アメカジをテーマに、ビッグシルエットのカレッジプルオーバー(税込2999円)やM-65のワイドシルエットを取り入れたカーゴパンツ(同4999円)、古着の質感を再現したカラーカーディガン(同2599円)など、“古着ライク”なアイテムがそろう。広報担当は「古着で人気のアイテムは値段が高騰していたり、サイズのバリエーションが限られていたりする。オリジナル商品では、手に取りやすい価格で、より多くの若者に古着の世界への入り口を提供したい」と話す。

 同社はこのほど古着に特化したインタスタグラムアカウントを立ち上げ、古着にまつわる情報発信にも力を入れる。今後は「ウィゴー ヴィンテージ」を導入する大型店だけでなく、他の店舗でも古着コーナーの拡充を進める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら