ビジネス

ストライプ、はとバスのバスガイド職の出向受け入れ 26人が11月から

 ストライプインターナショナル(以下、ストライプ)は11月1日から、はとバスからの出向者を受け入れる。バスガイド職の26人で、受け入れ期間は5カ月。首都圏の「アース ミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC & ECOLOGY)」「グリーンパークス(GREEN PARKS)」「アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)」などの店舗で接客に従事する。バスガイド職の出向は、はとバスとして初という。

 これに先駆けてストライプでは、7月1日からはとバスの事務職15人を受け入れている。同様に店舗での接客に従事しており、「既に頭角を表し、売り上げアップやお客さまとの関係構築に貢献している」(発表資料より)例もあるという。「さまざまな背景を持つスタッフが店頭に立つことで、お客さまにより多くの付加価値を提供できる。今後は研修面でも相互に高め合い、顧客満足の向上に務めていく」とストライプの川島学人事部長。

 コロナ禍による客数減を受けて、航空会社や観光、外食、ブライダル関連などで、小売業やコールセンター、自治体などに社員を出向させて、人件費を削減しつつ雇用を維持する取り組みが広がっている。「コロナで観光需要が減り、接客の機会も減少している。(ストライプへの出向は)業種は違えども同じサービス業での仕事を通し、スキルアップにつなげるチャンス」と、はとバスの岩脇明宏広報室長はコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。