ファッション

赤澤えるによるストライプの「レベッカ ブティック」が7月で終了

 ストライプインターナショナルが運営する「レベッカ ブティック(LEBECCA BOUTIQUE)」は、7月中を目処にディレクターの赤澤えるが退任し、それに伴ってブランドを終了すると発表した。正式な終了日は、今後公式SNSなどで公表するという。

 同ブランドは、ストライプインターナショナル初の古着メインの業態として2016年3月にラフォーレ原宿に出店。以来、古着とオリジナル商品を販売してきた。実店舗はラフォーレ原宿のみで、同店の閉店日がブランド終了日となる予定。

 赤澤は退任とブランド終了の経緯について、文章主体のSNS「ノート(note)」につづっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら