ファッション

赤澤えるによるストライプの「レベッカ ブティック」が7月で終了

 ストライプインターナショナルが運営する「レベッカ ブティック(LEBECCA BOUTIQUE)」は、7月中を目処にディレクターの赤澤えるが退任し、それに伴ってブランドを終了すると発表した。正式な終了日は、今後公式SNSなどで公表するという。

 同ブランドは、ストライプインターナショナル初の古着メインの業態として2016年3月にラフォーレ原宿に出店。以来、古着とオリジナル商品を販売してきた。実店舗はラフォーレ原宿のみで、同店の閉店日がブランド終了日となる予定。

 赤澤は退任とブランド終了の経緯について、文章主体のSNS「ノート(note)」につづっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら