ビューティ

デジタルで香りはどう伝える? 「ヴィクター&ロルフ」が音楽でフレグランスを発信

有料会員限定記事

 世界的にフレグランス市場が伸びる一方で、コロナ禍における香水のサンプリングが課題となっている。店頭でこれまでのように自由に試すことができなかったり、メイクアップと違ってデジタル上で伝えるのが難しかったり、さらにミニサイズのサンプルもサステナビリティの観点から懸念されるなど、難点は多くある。そんな中、音を使って香りを伝える新たな取り組みが業界内で話題になっている。

 「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)」は新作メンズフレグランス“スパイスボム インフラレッド”を6月に発売。コロナ禍でのローンチもあり、同ブランドのビューティライセンスを所有するロレアル(L'OREAL)は、フレグランスを製作した香料メーカーのIFF(インターナショナル フレバー・アンド・フレグランス)とともに、プロモーションの仕方について頭を抱えていたという。ロレアルのギヨーム・ドゥ・レスケン(Guillaume de Lesquen)=インターナショナル・デザイナー・フレグランス・グローバル・プレジデントは「新作は、これまでの“スパイスボム”シリーズの中でも最もスパイシーで、魅惑的で、アツい香り。小売店がクローズし、消費者の購入の場がデジタルにシフトする中で、新作香水の“熱量”を伝えるのは非常にハードルが高かった」と振り返る。

 そこで偶然にもレスケン氏はフランスの国立音楽研究所、IRCAM(イルカム、Institut de Recherche et Coordination Acoustique/Musique)のチームに出会い、タッグを組むことに。デジタル上でも伝わる、“音”を使った発信方法に挑戦することになった。「新作香水を香ったときと同じ感情や感覚を喚起するような音源を作り、科学的に実証することを目指した」。

この続きを読むには…
残り744⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら