ビューティ

日本ロレアルが社長交代 APAC地域のリュクス事業部マネジャーが就任

 世界最大の化粧品会社ロレアル グループ(L'OREAL GROUP)の日本法人である日本ロレアルは、11月1日付でジャン・ピエール・シャリトン(Jean-Pierre Charriton)=ロレアル アジア太平洋地域(APAC) ロレアル リュクス事業本部ジェネラルマネジャーを社長に任命した。2015年から社長を務めるジェローム・ブリュア(Jerome Bruhat)氏の後任だ。

 シャリトン新社長は1991年に仏ロレアル本社に入社し、「ビオテルム(BIOTHERM)」でキャリアをスタート。タイや韓国、イギリス・アイルランドにおけるロレアル リュクス事業本部本部長を経て、2008年に「ジョルジオ アルマーニ ビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)」のグローバルプレジデントに就任し、13年から現職を務めている。

 シャリトン新社長は「ロレアルは110年以上にわたり美の専業プレイヤーとして美の創造に捧げてきた。われわれは『世界をつき動かす美の創造』をパーパスとして掲げており、世界中の消費者にオーダーメイドの美を創造し、提供することを目指す」とコメント。日本事業は戦略地域と続け「日本ロレアルは日本のブランドである『シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)』や『タカミ』のクリエティブ本部や、戦略的なリサーチ&イノベーションセンター、ロレアルリュクス事業本部の東アジア全域における製品を製造する工場、さらには日本でのGTM(Go-to-Market)戦略を推進するチームを擁している。日本には非常に精通した消費者、優れた小売業者、そして絶え間ないイノベーションの流れがある。私たちのイノベーション、テクノロジー、デジタルの卓越性、そしてチームの絶え間ない献身を通じ、日本の消費者に優れた製品とサービスを提供するともに、環境、コミュニティー、社会への全ての取り組みに完全にコミットしていく」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら