ファッション

吉田カバンが新レーベル「POTR」を8月21日に発売 デビュー作でVERDYとコラボ

 吉田(東京、吉田幸裕社長)は、“ライフスタイル”をコンセプトにした新レーベル「ピー・オー・ティー・アール(POTR)」を8月21日に発売する。第一弾として、グラフィックアーティストVERDY(ヴェルディ)のプロジェクト「ウエステッド ユース(WASTED YOUTH)」とコラボしたバックパック(2万4200円)を製作した。実店舗での扱いはポーター コリア カンナムとポーター コリア ハンナム(共に韓国)のみで、国内向けには吉田とVERDYの公式オンラインストアで販売する。

 コラボバックパックは、VERDYが影響を受けたというスケート&ストリートカルチャーの要素を随所に取り入れたもので、背面にスケートボードを固定でき、側面にはペンを挿せるポケットを設ける。すぐにデザインやスケッチを描き留められるようにとの、グラフィックアーティストらしいこだわりだ。

 メーン素材は古着や残生地などを使ったリサイクルポリエステルキャンバスで、カラーは発色の良いペンをイメージした4色展開。吉田は1935年の創業以来、“MADE IN JAPAN”にこだわっており、「ピー・オー・ティー・アール」も日本製だ。

 ロサンゼルスで撮影したルックは、これまでもVERDYのプロジェクトのビジュアルを手掛けたフォトグラファーのザマー・ベレス(Zamar Velez)が担当した。

 吉田は今後、「ポーター(PORTER)」「ラゲッジレーベル(LUGGAGE LABEL)」に次ぐ第3の柱として「ピー・オー・ティー・アール」を訴求していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら