ファッション

ジンズがVERDYと初コラボ EC限定でポーチやフィギュア付のコレクションセットも

 ジンズ傘下のサングラスブランドで、NIGO®が監修を務める「ジンズ アンド サン(JINS&SUN)」は、グラフィックアーティストのVERDY(ヴェルディ)と初コラボしたアイテム“ジンズ アンド サン×ヴェルディ”を7⽉22⽇にジンズ渋⾕店、仙台⼀番町店、三宮店、広島本通店と公式オンラインショップで発売する。価格は1万3200円。

 “ジンズ アンド サン×ヴェルディ”は紫外線を99%カットするクリアレンズサングラスに、マグネットで簡単に着脱できるカラーレンズプレートと、レンズ部分が格⼦状になった遊び⼼のあるトイプレートをセットにしたもので3通りに着用できる。共にウエリントン型をベースにした2型6色には全て、VERDYのオリジナルキャラクター“VICK(ヴィック)”を描いた“タイベック”素材のサコッシュ型サングラスケースとセリート(眼鏡拭き)が付属する。

 また、公式オンラインショップでは2つの限定コレクションセットも⽤意する。ポーチセット(1万6500円)には“VICK”を模したカラビナ付ポーチが、アイウエアスタンドセット(2万7500円)にはサングラスをディスプレーできる“VICK”の顔型アイウエアスタンドが含まれる。広報担当者は、「これまでにも“VICK”の全身フィギュアはあったが、顔型は初めて。VERDYさん、NIGO®さんがそれぞれSNSで発信してくれて、すでに多くの問い合わせを受けている」と話す。

 VERDYは「ガールズ ドント クライ(GIRLS DON'T CRY)」や「ウェイステッド ユース(WASTED YOUTH)」などのプロジェクトを同時に進行し、「ナイキ(NIKE)」のスケートボードライン“ナイキSB”や「リーバイス(LEVI'S)」など世界的ブランドとも協業する、ストリートカルチャーをけん引するグラフィックアーティスト。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら