ビジネス

百貨店・SC・デベロッパー10社の再生可能エネルギー導入状況

有料会員限定記事

 ブランドが商業施設への出店を考えるとき、これまでの判断材料は立地や賃料、他テナントなどだった。しかし脱炭素経営へのシフトが進む今後はそこに「再生可能エネルギー(以下、再エネ)導入の有無」が加わるだろう。CO2削減目標に占める電力の割合は大きく、再エネを導入すればその分、目標に近づきやすくなるからだ。逆の見方をすれば再エネを導入していない施設は今後、有力ブランドの獲得が難しくなるだろう。そこで主な商業施設に現在の再エネ導入状況に関してアンケート取材を行った。

【百貨店】

この続きを読むには…
残り585⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら