ビューティ

「ディプティック」3〜5月の商況 創業60周年のアニバーサリー企画が好調

有料会員限定記事

 在宅時間の増加に伴う“巣ごもり需要”により、「ディプティック(DIPTYQUE)」では昨年6月からホームカテゴリーが追い風となっている。キャンドルやディフューザーが売り上げをけん引し、3〜5月の商況は前年同期比2倍の伸びだ。

 もともと「ディプティック」のインバウンド比率は高くなく、二子玉川や横浜エリアは地元客が多く来店した。ディプティック ジャパンのピエール・ステファン・ムッサン社長は、「先が見えない状態ではあるが、今後も在宅勤務などが続くと予測され、引き続き“巣ごもり需要”は期待できる」と分析する。

 売り上げに貢献したのは、4月に10日間限定で発売した“シティキャンドル”コレクション。東京、パリ、ロンドン、ベルリン、マイアミ、ビバリーヒルズ、ニューヨーク、上海、香港の9都市の香りをラインアップし、各都市限定で販売した。「日本では直営店と伊勢丹新宿本店のみで展開。顧客にとって期待値が高く、他の月に比べて4月はキャンドルの売り上げがさらにアップした。日本は地震が多く火事を心配するなど心理的にキャンドルを避ける傾向もあり、コロナ前はフレグランスのシェアが高かった。しかし今はフレグランスを超えてキャンドル、ディフューザーが売り上げをけん引するまでに成長している」という。キャンドルで一番人気はカシスの実やローズが香る“ベ(BAIES)”、次いで“ローズ(ROSE)”、イチジクの木のウッディな香りがする“フィギエ(FIGUIER)”。キャンドルの定番サイズは190gだが、若年層には70gのミニキャンドルが売れ筋だ。

秋には最大規模の直営店をオープン

この続きを読むには…
残り614⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら