ビューティ

「グロシエ」が英国とアイルランドで出店加速 美容小売「スペースNK」と提携

米国発D2Cビューティブランド「グロシエ(GLOSSIER)」は、美容小売店「スペースNK(SPACE NK)」と提携し、6月8日から英国とアイルランドの48店舗とオンラインで商品を販売する。マンチェスターやリバプール、エディンバラ、カーディフ、ダブリンなどの都市に加え、ケンブリッジ、ブリストル、ノリッジ、ノッティンガムなどの学園都市にある「スペースNK」の店舗で取り扱う。「グロシエ」はロンドンのコヴェント・ガーデンに旗艦店を構え、「セフォラ(SEPHORA)」を通じてすでに英国内でも販売しているが、小売パートナーとともに英国とアイルランド全土で販売するのは今回が初めて。取り扱いアイテムはベストセラーを含むスキンケア、メイクアップ、フレグランスなど。

英国でも購入前に「グロシエ」を試す機会を

「スペースNK」のスーズ・カレッジ(Suze College)メイクアップ部門責任者は、2014年の「グロシエ」の発売を「過去10年間の美容における最も象徴的な瞬間の一つ」と評する。「シャーロット ティルブリー(CHARLOTTE TILBURY)」と「レア ビューティ(RARE BEAUTY)」、米メイクアップブランド「アワーグラス(HOURGLASS)」と肩を並べ、同店のメイクアップブランドのトップ3に入ることは容易いと話した。「英国の人々はソーシャルメディアを通じて『グロシエ』を知っているが、購入前に試す機会は少ない。われわれは店舗でもオンラインでも、『グロシエ』の商品を届けたい」と語った。「スペースNK」では、売り上げの55%が店頭販売で、メイクアップに限ると61%、フレグランスでは59%。すでに店頭スタッフのトレーニングを開始していると付け加えた。

「グロシエ」のカイル・レイヒー(Kyle Leahy)最高経営責任者(CEO)は、ロンドン以外へ拡大することは重要な目標であったという。今回の提携は国際的な拡大戦略の一環であり、米国とカナダ、英国では「セフォラ」と提携し、昨年はヨーロッパとニュージーランド、オーストラリア、メキシコ、インド、ブラジルへの国際配送を開始した。

美容小売店「スペースNK」とは

「スペースNK」は1991年に設立。93年に英・ロンドンのコヴェント・ガーデンに初出店し、スムージーやファッションブランド、「ナーズ(NARS)」「ディプティック(DIPTYQUE)」、「バイテリー(BY TERRY)」などのビューティブランドを販売した。現在英国とアイルランド全土に72店舗まで拡大し、米国にも29店舗を展開する。現在、オーナーのマンザニータ・キャピタルによる売却の可能性が浮上しているが、今年さらに7店舗をオープンし店舗網を着実に拡大する。売り上げは3年前から毎年30%増加し、英国のプレステージ市場の2.5倍の速さで成長する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。