ファッション

LVMH系投資会社も出資する北欧発の人気ブランド「ガニー」が日本に本格上陸

 デンマーク・コペンハーゲン発のファッションブランド「ガニー(GANNI)」が、日本のブランドデベロッパー、セイヤ ナカムラ2.24(SEIYA NAKAMURA 2.24 )とブランドデベロップメント契約を締結した。2021-22年秋冬シーズンから、セイヤ ナカムラ2.24が同ブランドの日本におけるPR、セールス、マーケティングを担う。

 日本ではこれまでも大手のセレクトショップが本国からの直輸入で「ガニー」の取り扱ってきたが、本格上陸の21-22年秋冬シーズンは、トゥモローランド(TOMORROWLAND)やユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、エストネーション(ESTNATION)、アダム エ ロペ(ADAM ET ROPE’)、リステア(RESTIR)、伊勢丹新宿本店を含む27社での販売が決定。商品価格帯はトップス1万3000円〜4万円、ボトムス2万5000円〜7万円、ニット2万5000円〜6万円、ドレス3万円〜6万円、アウター2万5000円〜8万円。

 「ガニー」は2000年にカシミヤ製品を扱う店として創業し、09年にニコライ・レフストラップ(Nicolaj Reffstrup)とディッテ・レフストラップ(Ditte Reffstrup)夫妻がウィメンズブランドとしてリブランディング。ウエアは実用性と機能性を備えた遊び心のあるデザインや、オリジナルプリントに定評があり、環境に配慮した天然素材やリサイクル素材の活用や、オンラインでサプライヤーを公開するなど、サプライチェーンの透明性でも支持を得ている。SNSマーケティングにも優れ、ブランド着用者の画像を集めたハッシュタグ「#GanniGirls」ではインスタグラム上で6万件以上の投稿がある。コペンハーゲン・ファッション・ウイークにも参加し、コペンハーゲン、ロンドン、ニューヨークなどに店舗を構える。2017年以降、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の投資会社Lキャタルトン(L CATTERTON)も出資している。

 日本では21-22年秋冬シーズンからセイヤ ナカムラ2.24のディレクションの元、各所でのポップアップイベントやノベルティキャンペーンを計画しているほか、日本での「#GanniGirls」のマーケティングを開始する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら