ファッション

「シュウ ウエムラ」がジェンダーレスでサステナブルな新制服を発表 「ウジョー」の西崎暢がデザイン

シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は、西崎暢によるファッションブランド「ウジョー(UJOH)」が手掛けた新しいユニフォームを発表した。世界の「シュウ ウエムラ」店舗のメイクアップスタイリストが順次着用する。

制服は、ジェンダーレスで機能性を重視したデザイン。日本の伝統的な袴から着想を得たワイドパンツ、袖にスリットを入れたTシャツをユニセックスで提案する。男性用にカーゴパンツと、東京・表参道に16日に開くグローバル旗艦店「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」のスタイリスト用のシャツドレス(女性用)もラインアップする。素材は環境に配慮し、繊維製品の安全性を証明する「エコテックス(OEKO-TEX)」の認証を受けた生地を使用している。

西崎デザイナーは「ジェンダーレスなアイテムを取り入れることで、性差ではなく個人に焦点を当てた。またワンピースの袖が長袖から半袖にでき、ジャケットは袖をあげやすいようにスリットを入れている。制服として新しい機能を持たせながら、ちょっとした着こなしで一人一人が持つ個性を引き出しやすいアレンジを忍ばせた」とコメントしている。

「ウジョー」の西崎は「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」や「ワイズ(Y’S)」でパタンナーとして経験を積み、2009年に「ウジョー」を立ち上げた。パタンナー視点の本質的なテーラリング、大胆なカッティングに定評がある。これまでにミラノやパリのファッション・ウイークでランウエイショーを披露している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。