ファッション

マシューの「ジバンシィ」が初のスニーカーを発売 異素材ミックスのアッパーとクリアソール

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」はこのほど、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)が手掛けた初のスニーカー“GIV 1”を発売した。「ジバンシィ」直営店や公式オンラインストアで扱う。

 スニーカー“GIV 1”は、カーフレザーやメッシュ、TPUなどの異なるパーツを組み合わせたブラック、オフホワイト(各11万5000円)、クロコ型押し(12万円)の3種類を用意した。サイズは24〜30cm。軽量でクッション性のあるクリアソールを採用し、ブラックとホワイトにはグリーンゴールドを、クロコ型押しにはグロッシーブラックのカラーリングを用いている。アウトソールには、108個のラバーインジェクションを付けて安定感を与えたほか、「ジバンシィ」のアイコンである4Gエンブレムをサイドに配してストリートの要素をプラスした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら