ビジネス

マザーハウスが食品ブランドを始動 第1弾はインドネシアのカカオを使った色鮮やかなチョコレート

 “途上国から世界に通用するブランドをつくる”を理念にバッグ、ジュエリー、アパレルを製造、販売するマザーハウスは2月5日、食品ブランド「リトル マザーハウス(LITTLE MOTHERHOUSE)」をスタートした。

 第1弾はクラフトチョコレートメーカーのダリケー(Dari K)とのコラボレーションで開発した、インドネシア・スラウェシ島のカカオを使ったチョコレート2種類。生カカオとカシューナッツを使用した“インドネシアオリジンズ”(2484円)と、ホワイトチョコレートを自然由来の成分で着色したグラデーションが特徴的な “イロドリチョコレート”(1296円)をそろえる。“イロドリチョコレート”は抹茶×ラズベリーの“桜花”、新茶×マンゴーの“萌黄”、いちご×パッションフルーツの“春花”など12つの異なるフレーバーをラインアップ。商品は公式オンラインストアと全国の「マザーハウス」と「イードット(E.)」店舗で取り扱う。

 ダリケーはインドネシア・スラウェシ島の高品質カカオ豆を自社で調達する日本発のチョコレートメーカー。農園に発酵技術の提供をはじめ、果物の木の植樹などを行い、現地の人々の生活向上や環境保全にも取り組んでいる。2015年からパリのチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」へ出展しているほか、チョコレートの品評会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(Club des Croqueurs de Chocolat、C.C.C)」では4年連続の受賞歴がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら