ファッション

デザイナーのオオスミタケシ氏が47歳で死去 「ミスター・ジェントルマン」「フェノメノン」など手掛ける

 「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」デザイナーのオオスミタケシが1月24日、敗血症のため入院先の病院で死去した。47歳だった。葬儀は親族の意向で近親者のみで執り行われた。ブランドの今後については未定で、3月の「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」でオオスミ氏が病室で制作していた2021-22年秋冬コレクションを発表する。その後、関係者やファンとのお別れ会を開催予定だという。

 オオスミ氏は1974年静岡県生まれ。ヒップホップユニットのシャカゾンビ(SHAKKAZOMBIE)として音楽活動を行う傍ら、ストリートウエアブランド「スワッガー(SWAGGER)」を井口秀浩と立ち上げた。2004年には同ブランドからソロプロジェクトとして「フェノメノン(PHENOMENON)」を始動させ、10年には東京ファッション・ウイークデビューを飾った。12年にはセレクトショップ、ザ・コンテンポラリー・フィックス(THE CONTEMPORARY FIX)のオーナーである吉井雄一と共にショップのオリジナルブランドとして「ミスター・ジェントルマン」をスタート。13-14年秋冬シーズンに東コレデビューを果たすと、16年春夏シーズンで「フェノメノン」のデザイナーを退任してからは「ミスター・ジェントルマン」のクリエイションの強さが徐々に加速し、ファッションブランドとしての立ち位置を築いていった。同ブランドが17年にマッシュホールディングス傘下に入ると、オオスミ氏は同社のメンズ事業部チーフデザイナーやレコードショップ「ウェイヴ(WAVE)」のプロジェクトなど多岐にわたって活動。18年には10年ぶりに音楽業界に復帰し、昨年には“MCM バイ フェノメノン(MCM by PHENOMENON )”で「フェノメノン」の名を冠した商品を5年ぶりに手掛けていた。

 「ミスター・ジェントルマン」を共同で手掛けてきた吉井雄一は「正直今はまだ突然すぎてこの悲しみを受け入れることができない状態です。 彼と出会ってからのこの10年間はかけがえのないもので、プライベートにおいても生活を共にし、一緒に見た景色、鑑賞した音楽や映画、食べた物など、人生を通じて2人で心で感じたものをデザインに投影してきました。生前の彼の創造を受け止め、深い心で理解して手を貸してくださった全ての関係者のみなさま、そして何よりファンのみなさまに心から御礼申し上げます」とコメント。

 近藤広幸マッシュホールディングス社長は「オオスミタケシという“才能”を預かり、世の中にその熱を伝えて行かなければならない使命感を持ち、共に挑戦をして参りました。突然彼を失い、強い悲しみと、たまらない空虚さの中にいますが、目をつぶれば人一倍大きな体にいつもの愛くるしい満面の笑顔が鮮明に浮かんできます。ファッション界、音楽界にとって多くの人を魅了してきたオオスミタケシのいちファンとして、ご冥福をお祈りすると共に、これまで彼の活動を支えていただいたみなさまに感謝申し上げます」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら