ニュース

オオスミタケシがMONDO GROSSOのニューアルバムに参加 10年ぶりにラップを披露

 吉井雄一とともに「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」を手掛けるオオスミタケシが、3月21日に発売される大沢伸一のMONDO GROSSOのニューアルバム「Attune / Detune」の収録曲「One Temperature」にボーカリスト、Big-Oとして参加していることが発表された。

 オオスミタケシは93年からヒップホップユニットSHAKKAZOMBIEのメンバーとして活動するも2007年に活動休止。その後、「フェノメノン(PHENOMENON)」の立ち上げや「ミスター・ジェントルマン」のデザイナーとして活躍するなど音楽業界から退いていたが、大沢伸一の要望により約10年ぶりの復活となった。

 楽曲は80年代に流行ったグラウンド・ビートを大沢伸一流に現代解釈。「レコーディング自体10年近いブランクがあり、今後新しい曲作りをすることはないと思っていたが、大沢さんと意見交換しながらトラックが仕上がっていくうちに、そのドラマチックな世界に引きずり込まれ夢中でリリックを書いていた」とコメントしたオオスミタケシは、「服着替え 仕上がりバリバリ 今日はBALENCIAGAにBURBERRY」など、デザイナーらしいリリックを披露している。

 なお、「Attune / Detune」の価格は2000円で、女優・満島ひかりがボーカルで参加している「ラビリンス」をはじめとした7曲のミュージックビデオが収録されたBlu-ray付きが3300円。21日の発売に先駆け、iTunesでは20日にデジタル版がリリースされ、14日からのプレオーダーでは1050円で購入することができる。