ファッション

シップスが米サウスウィックの商標を獲得 MADE IN USA復活も視野に

 シップス(東京都、三浦義哲社長)はこのほど、米国・マサチューセッツ州のメンズクロージングファクトリー、サウスウィック(SOUTHWICK)のグローバル商標を、米ブルックス ブラザース(BROOKS BROTHERS)傘下のゴールデンフリース・マニュファクチャリンググループ(GOLDEN FLEECE MANUFACTURING GROUP)から譲渡されたと発表した。シップスの子会社であるエム・エス・ティーが日本でサウスウィックの代理店を務めていたことが縁で商談に発展したという。米ブルックス ブラザースは破たんに伴い、サウスウィックを含む米国内の3工場を8月15日に閉鎖していた。

 サウスウィックは1929年の創業で、アメリカントラッド服の生産拠点としてブランド化されていた。2008年にゴールデンフリース・マニュファクチャリンググループが買収し、以降は「ブルックス ブラザース」のスーツやジャケットなど重衣料を生産していた。コロナ禍ではマスクや医療用ガウンも製作した。

 シップスは2021-22年秋冬シーズンから“MADE IN USA”にこだわらないさまざまな製品を作り自社店舗で販売する予定で、一方でアメリカ製復活についても「検討している」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら