ファッション

シップスが米サウスウィックの商標を獲得 MADE IN USA復活も視野に

 シップス(東京都、三浦義哲社長)はこのほど、米国・マサチューセッツ州のメンズクロージングファクトリー、サウスウィック(SOUTHWICK)のグローバル商標を、米ブルックス ブラザース(BROOKS BROTHERS)傘下のゴールデンフリース・マニュファクチャリンググループ(GOLDEN FLEECE MANUFACTURING GROUP)から譲渡されたと発表した。シップスの子会社であるエム・エス・ティーが日本でサウスウィックの代理店を務めていたことが縁で商談に発展したという。米ブルックス ブラザースは破たんに伴い、サウスウィックを含む米国内の3工場を8月15日に閉鎖していた。

 サウスウィックは1929年の創業で、アメリカントラッド服の生産拠点としてブランド化されていた。2008年にゴールデンフリース・マニュファクチャリンググループが買収し、以降は「ブルックス ブラザース」のスーツやジャケットなど重衣料を生産していた。コロナ禍ではマスクや医療用ガウンも製作した。

 シップスは2021-22年秋冬シーズンから“MADE IN USA”にこだわらないさまざまな製品を作り自社店舗で販売する予定で、一方でアメリカ製復活についても「検討している」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら