ファッション

ダイドーリミテッドがブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社化

 ダイドーリミテッド(東京都、鍋割宰社長)は持分法適用関連会社であるブルックス ブラザーズ ジャパンについて、米ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)が保有する株式の追加取得を決定した。出資比率を40%から80.5%として連結子会社化する。取得金額や取得相手概要等については確定次第周知するという。

 1979年に設立されたブルックス ブラザーズ ジャパンは米ブルックス ブラザーズ60%、ダイドーリミテッド40%の出資比率で運営されてきた。ダイドーリミテッドは株式追加取得の理由として、日本における「ブルックス ブラザーズ」のさらなるブランド価値向上、ブルックス ブラザーズ ジャパンの安定的運営などを挙げている。

 ブルックス ブラザーズ ジャパンの2020年7月期の売上高は106億円、純損益は2億6400万円の赤字だった。

 米ブルックス ブラザーズは7月に日本の民事再生法にあたるチャプター11を申請。8月には米アパレルのスパーク・グループが買収し、新体制での再建を進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら