ファッション

ダイドーリミテッドがブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社化

 ダイドーリミテッド(東京都、鍋割宰社長)は持分法適用関連会社であるブルックス ブラザーズ ジャパンについて、米ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)が保有する株式の追加取得を決定した。出資比率を40%から80.5%として連結子会社化する。取得金額や取得相手概要等については確定次第周知するという。

 1979年に設立されたブルックス ブラザーズ ジャパンは米ブルックス ブラザーズ60%、ダイドーリミテッド40%の出資比率で運営されてきた。ダイドーリミテッドは株式追加取得の理由として、日本における「ブルックス ブラザーズ」のさらなるブランド価値向上、ブルックス ブラザーズ ジャパンの安定的運営などを挙げている。

 ブルックス ブラザーズ ジャパンの2020年7月期の売上高は106億円、純損益は2億6400万円の赤字だった。

 米ブルックス ブラザーズは7月に日本の民事再生法にあたるチャプター11を申請。8月には米アパレルのスパーク・グループが買収し、新体制での再建を進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら