ビジネス

ワークマン、コロナどこ吹く風 4〜9月期の売上高23%増

 ワークマンの2020年4〜9月期決算は、純利益が前年同期比27.1%増の73億円だった。コロナ下でもカジュアルウエアとしての人気は衰えることなく、既存店売上高は同18.6%と大幅増を維持した。郊外のロードサイド立地の店舗がほとんどのため、商業施設の休業や都心への外出控えの影響は最小限で済んだ。

 FC(フランチャイズ)を中心としたチェーン全店売上高は同23.4%増の682億円だった。店舗数は純増37の885店舗。作業服中心の「ワークマン」が663店舗、作業服とカジュアルウエアで構成する「ワークマンプラス」が業態転換を含めて222店舗の構成になった。既存店の客単価は2746円で前年同期とほぼ変わらないものの、1日平均客数が24人多い162人に増えている。カジュアルウエアを求める新規客がまだ増加している。主力の作業着では空調ファン付きのジャケットなどがヒットした。

 売上高の増加に伴い、営業総収入は同16.3%増の487億円、営業利益は同28.1%増の110億円になった。

 通期(21年3月期)は、チェーン全店売上高が前期比13.9%増の1389億円、営業総収入が同7.3%増の990億円、営業利益が同14.0%の218億円、純利益が同16.2%の155億円と予想する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら