ビジネス

「ジョニーウォーカー」創業200年キャンペーンでオンラインライブ開催 KREVAらが登場

 キリンビールは、イギリスのディアジオ社が所有するスコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー(JONNIE WALKER)」の創業200年を記念するキャンペーン“KEEP WALKING 200 YEARS”を締めくくるイベントとして、オンラインライブイベントを12月28日20時に開催する。

 このライブは、ユーチューブのジェイウエイブ(J-WAVE)チャンネルと「ジョニーウォーカー」公式ツイッターアカウントで同時に無料配信されるもので、ヒップホップアーティストのKREVAがメインアクトとして登場するほか、TENDREやALIらのアーティストが出演し、“キープ ウォーキング(KEEP WALKING)”をテーマとしたトークやパフォーマンスを行う。

 また同キャンペーンの第1、第2弾では、「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」のミニボトル(200mL)1本入りのオリジナルギフトが抽選で毎日最大200人(総計約1万7000人)に、さらに「200周年限定 オリジナルフーディー」が合計200人に当たるツイッターのプレゼントキャンペーンを12月31日まで実施している。

 「ジョニーウォーカー」は1820年、ジョン・ウォーカーがスコットランドの南部キルマーノックで創業。以来200年にわたってブレンディング技術にこだわり続け、その集大成といわれるのが12年熟成をコンセプトにした「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」だ。「ジョニーウォーカー」は同キャンペーンを通して、音楽やファッションと連動しながら幅広い層へのブランド認知度拡大を図っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら