ファッション

スワロフスキーが従業員の2割にあたる6000人を削減

 オーストリア発クリスタルメーカーのスワロフスキー(SWAROVSKI)が従業員6000人を削減する。米「ブルームバーグ(BLOOMBERG)」によると、この数字は同社の従業員の約2割に相当する。世界に約3000店舗あるブティックの数も減らす意向だ。ロバート・ブッフバウアー(Robert Buchbauer)スワロフスキー社最高経営責任者(CEO)は、「創業一族と収益の低いビジネスを縮小して収益の高いジュエリービジネスに注力することについて議論してきた。ビジネスにおける新戦略と効率化がゴールだ」とコメントしている。一族はその戦略に反対し法的措置を取ろうとしているようだが、約8割の株主がブッフバウアーCEOに賛同しため変革を進める結果になった。

 新体制により、新製品、人事、投資などにおける迅速な決定が可能になるが、創業一族との軋轢は継続しそうだ。同CEOは、「ラグジュアリー企業としての存続が危ぶまれる中、株式売却かパートナーを探すことで資本金を確保するべきだ」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら