ビジネス

ユニチカトレーディングの2020年4~9月期は減収増益 医療用ガウンや防護服の販売が健闘

 素材大手ユニチカのグループ会社であるメーカー型商社ユニチカトレーディングの2020年4~9月期の売上高は前年同期比1.5%減の188億円、営業利益は200%増の6億円の減収増益だった。

 主力のユニホーム事業をはじめ一般衣料は苦戦したが、新型コロナウイルス禍で約700万着を販売した医療用ガウンや防護服の販売が伸長したこと、巣ごもり需要で生活資材関係が堅調に伸びたことが増益につながった。

 細田雅弘ユニチカトレーディング社長は「一般衣料の回復にはさらに時間がかかるし、これまで大きな伸びを見せた医療用ガウンや防護服の売り上げは安定するだろう。下期の業績は楽観視していない。今後の戦略として、サステナブル素材の開発、デジタル化やアセアンを中心としたグローバル化などと合わせて新規事業を推進したい」と話した。今年、新事業開発室を立ち上げて業容拡大を始め、さきごろeコマースサイトを立ち上げて、オリジナルのマスク「ドライミィ(DRIMY)」を発売した。

 21年3月期の業績は売上高353億円、営業利益3億円を予想している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。