ファッション

東京ソワールが銀座に東京23区内初の「フォルムフォルマ」出店 次代のフォーマルウエアは着回しがポイント

 ウィメンズのフォーマルウエアを手掛ける東京ソワールが10月30日に、フォーマルをコンセプトとする直営店「フォルムフォルマ(FORMFORMA)」を東京・マロニエゲート銀座1の3階にオープンした。東京23区内に以前あった店舗は閉店したため、現在では唯一の店舗となる。

 店舗面積は約60平方メートルで、白とグレーを基調とした落ち着いた内装だ。特徴は冠婚葬祭用を主としたブラックフォーマルだけでなく、パーティーや食事会など日常生活の中におけるドレスアップのシーンにも着回しができるオケージョンウエアもそろえていることだ。

 2010年に埼玉県の越谷レイクタウンに1号店をオープン以来、「フォルムフォルマ」事業を担当している齊藤兼文・東京ソワール執行役員リテール事業部長は「従来のフォーマルウエアが持つ堅苦しさを感じさせず、気軽に入店いただける店作りを心掛けた。ブラックフォーマルでもきちんとした場に着回しができるデザインが多く、今の売れ筋となっており客層も20~60代まで幅広い。フォーマルウエアの課題はリピーターが少ないこと。成長のキーワードは“着回し”だ。まず当店を通して、フォーマルウエアの情報を広めていきたい」と話した。同店は「フォルムフォルマ」ブランドだけでなく、他ブランドとコラボレートした別注のカラードレスも多くそろえている。

 「フォルムフォルマ」は現在オンラインストアを含めて計31店舗あり、2019年12月期の売上高は12億5000万円だった。

 村越眞二社長は「『フォルムフォルマ』事業の10周年にふさわしい場所に出店できた。これを今後の成長につなげたい」と話した。

■フォルムフォルマ マロニエゲート銀座1店
住所:東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート銀座1 3階
営業時間:11:00~21:00(現在は20:00までの短縮営業)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら