ニュース

キム・ジョーンズの「ディオール」から新作スニーカー“B27”登場 “ディオール オブリーク”など異素材をミックス

 「ディオール(DIOR)」は、新作スニーカー“B27”を発売する。1980年代のテニスシューズのビンテージルックからスケートボードの世界観まで、多様なインスピレーションを取り入れて、キム・ジョーンズ(Kim Jones)が大切にしているスポーツウエアのスピリットを表現したという。

 “B27”は、ムッシュ ディオールを象徴するシェードにさりげなくオマージュを捧げたホワイト、ブラック、グレーの3色展開。ローカットとハイカットをそろえ、それぞれ11万円と12万円。スムースカーフレザーやヌバックに、“ディオール オブリーク”モチーフや、21年春夏のメンズショーに向けてデザインされたパンチングレザー“Dior Oblique Galaxy”など異素材を組み合わせた。

 イタリアにあるメゾンのアトリエの職人たちの精巧な技術で複数のインサートを重ね合わせることにより、独特の立体感を生み出した。アイレットは“CD”ロゴにちなんでデザイン。かかと部分にはエンボス加工、ソールには“DIOR”ネームの刻印を施した。

 “B27”は10月30日にハウス オブ ディオール ギンザと「ディオール」の公式ECサイトで先行発売。11月7日に全国の「デイオール」の店舗で展開予定だ。なお、現在「ディオール」の公式ECサイトでメールアラートを登録することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら