ファッション

日鉄物産がスウェーデンのサステナブルブランドとライセンス契約 2021年春夏発売

 日鉄物産繊維事業本部は、スウェーデンのサステナブルファッションブランド「デディケイテッド(DEDICATED)」とライセンス契約を締結した。アパレルメーカーのサンマリノと協業し、2021年春に発売する。

 「デディケイテッド」は2006年の設立で、ブランド名は英語の“身を捧げた”“専門の”という意味。地球、地域の産業の持続可能性に身を捧げて注力するという思い込めており、当初からオーガニックコットンをはじめとする環境負荷の低い素材を使用するなど、地球環境や人権に配慮したエシカルなモノ作りを目指している。

 日鉄物産は「デディケイテッド」のブランドライセンスの管理と生産を行い、サンマリノは自社店舗および卸で販売する。サンマリノは実店舗3、オンライン2の計5店舗を運営しており、21年春に「デディケイテッド」のeコマースサイトもスタートさせる予定だ。

 商品価格は半袖のプリントTシャツが5000円から、長袖のプリントTシャツが7000円から、トートバックが3500円からなど。環境保護やサステナビリティを訴えるグラフィック、メッセージを用いたデザインが特徴だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら