ビジネス

日鉄物産の新たな繊維部門の管掌役員に吉本一心(かずみ)氏

 日鉄物産は新たな繊維事業本部の管掌役員として、吉本一心(かずみ、56)執行役員が昇格する。吉本氏は4月1日付で常務執行役員に昇格し、6月の株主総会を経て取締役常務執行役員に就任する。現任の中村英一・取締役専務執行役員(64)は6月の株主総会を経て退任する。中村氏は15年4月に繊維部門の管掌役員に就任。デジタル化を軸とする主力事業ののOEM・ODM改革に力を注いできた。

 吉本氏は1963年10月5日生まれの56歳。86年に伊藤萬(現・日鉄物産)に入社、ニット第一部長、ニット第二部長、上海伊而国際時装有限公司総経理、エスビープランニング社長、メンズアパレル部長などを経て、18年4月からは執行役員繊維企画部長を務めていた。

 なお繊維事業本部は4月1日付で植田文裕・現執行役員(57)も常務執行役員に昇格する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら