ファッション

「スマルナ」が企業向け健康支援プログラムをスタート ピルの服薬支援など

 ピルのオンライン処方アプリ「スマルナ」を運営するネクストイノベーションはこのほど、企業向け健康支援サービス“スマルナ for Biz”をスタートさせた。

 “スマルナ for Biz”では、月経困難症やPMS(月経前症候群)など女性特有の悩みを持つ社員向けに薬剤師や助産師によるピルの服薬支援やオンライン相談窓口を提供するほか、女性社員だけでなく、男性社員、管理職、人事担当者向けの女性の健康に関するセミナーの実施など、多角的な健康支援を行う。また導入後のパフォーマンスや満足度などを調査するサーベイや利用者のアカウント発行など、担当部署のための管理システムも提供する。

 経済産業省の「健康経営における女性の健康の取り組みについて」によると、女性特有の生理に関する体調不良による経済的損失は年間6828億円とされ、健康経営に関して興味がある項目として「女性特有の健康問題対策」(53%)が1位になるなど、高い関心が寄せられている。また、管理職も当該の問題にどのような対応をすれば良いのかわからず、外部専門家のサポートを求めているという調査結果も出ていたことから、同サービスをスタートさせた。9月15日時点での導入予定企業は、オールアバウト、g-wic、日清食品ホールディングス、ネオラボ、Mahaloなど。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら