ビューティ

「YSL」の新作クッションファンデーションをJO1がお試し メンバーの中で最も美容意識が高いのは?

 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」は9月4日、人気のクッションファンデーション“アンクル ド ポー ルクッション(全7色、各8000円)”をリニューアル発売した。高いカバー力を持ちつつも素肌感をかなえる仕上あがりはそのまま、フィット感やラスティング力をさらにパワーアップさせている。

 発売前日の3日にはイベントを開催し、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で勝ち残ったメンバーから形成されたグローバルボーイズグループのJO1が来場。全員黒のスーツ姿で“アンクル ド ポー ルクッション”をつけて登場した。使用感について河野純喜は「つけている感じがしないほど軽いテクスチャー」と話し、豆原一成は「男性でも使いやすく、艶のある健康的な肌に仕上がる」ことが気に入ったという。また、同製品はビーガンレザーを用いたラグジュアリーなパッケージも特徴だ。「持っているだけでもテンションが上がるデザインもポイント」と白岩瑠姫。

 なお、「グループの中で最も美容意識が高いのは?」という問いに対し、ほとんどのメンバーが大平祥生と答えた。「髪のスタイリングやケアにこだわっていて、美容に対する追求心がメンバーの中でも圧倒的に高い」と與那城奨。ほかのメンバーもグループに入ってから化粧水を見直したり、スキンケアの勉強をするようになったと口をそろえた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら