ビューティ

「YSL」の新作クッションファンデーションをJO1がお試し メンバーの中で最も美容意識が高いのは?

 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」は9月4日、人気のクッションファンデーション“アンクル ド ポー ルクッション(全7色、各8000円)”をリニューアル発売した。高いカバー力を持ちつつも素肌感をかなえる仕上あがりはそのまま、フィット感やラスティング力をさらにパワーアップさせている。

 発売前日の3日にはイベントを開催し、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で勝ち残ったメンバーから形成されたグローバルボーイズグループのJO1が来場。全員黒のスーツ姿で“アンクル ド ポー ルクッション”をつけて登場した。使用感について河野純喜は「つけている感じがしないほど軽いテクスチャー」と話し、豆原一成は「男性でも使いやすく、艶のある健康的な肌に仕上がる」ことが気に入ったという。また、同製品はビーガンレザーを用いたラグジュアリーなパッケージも特徴だ。「持っているだけでもテンションが上がるデザインもポイント」と白岩瑠姫。

 なお、「グループの中で最も美容意識が高いのは?」という問いに対し、ほとんどのメンバーが大平祥生と答えた。「髪のスタイリングやケアにこだわっていて、美容に対する追求心がメンバーの中でも圧倒的に高い」と與那城奨。ほかのメンバーもグループに入ってから化粧水を見直したり、スキンケアの勉強をするようになったと口をそろえた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら