ビューティ

「YSL」2020年秋冬は大人カラーが勢ぞろい 新作のマットリップはすでに個人的ベストコスメ候補に

 「イヴ・サンローラン ボーテ(YVES SAINT LAURENT以下、YSL)」は7月24日、2020年秋冬コレクションを発売する。グローバル ビューティ ディレクターのトム・ぺシュー(Tom Pecheux)が手掛ける同コレクションは、「ヒドゥンテンプテーション(隠された誘惑)」と名付けられ、情熱的で官能的なシェードのアイシャドウパレット「アイパレット ヒドゥンテンプテーション」や、艶タイプのリキッドルージュ「ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム」のほか、ネイル、チークがそろっている。

 今季は深みのあるバーガンディーやくすみピンク、きらびやかなシャンパンカラーなど、「YSL」がモットーとするラグジュアリーでエッジーなカラーが豊富だ。マスク着用でアイメイクに注目が集まるが、「YSL」ではリップにフォーカスしたい。リップは深いカラーが新2色そろうが、これまでよりもちょっとくすんだピンクやパープルがちょっと大人の女性を演出してくれそう。艶やかな仕上がりは健在で、初心者の人も試す価値ありだ。また、人気モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)が初めて「YSL」のビジュアルに登場した時はホットピンクのリップで初々しいイメージがあったが、今回はセンシュアルなメイクを施され、ずいぶん大人っぽくなった印象だ。

 さらにリップでは、8月7日にマットの新作「タトワージュ クチュール ベルベットクリーム」も出る。はっきりとした色だが、指でぼかせばすりガラスのような柔らかな仕上がりになり、唇の地となじんで使いやすさ抜群。もちろん乾燥もせず、色写りしなそうなのがマスクが手放せない今、ポイントだ。これは、個人的ベストコスメの候補に入れておきたい一品だ。

 そのほか、処方が進化して登場する9月4日発売のクッションファンデーション「アンクル ド ポー ルクッションN」は、パッケージがカギだ。キルティング加工した「YSL」の人気バッグをイメージしたようなデザインで、パッケージにはビーガンレザーを用いてサステナブルを加速させている。ビーガンだからサステナブルとは限らないが、こういったプレステージブランドのエシカルな取り組みにも注目しておきたい。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら