ファッション

完売必至の「セント マイケル」が「ディッキーズ」とコラボ ビジュアルはRKが撮影

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛けるブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は、9月4日に「ディッキーズ(DICKIES)」とのコラボアイテムを発売する。同ブランドは今秋デビューし、初回デリバリーはTシャツなどを数型発売したが即日完売した。

 「ディッキーズ」とのコラボアイテムは、“アイゼンハワージャケット”をベースに細川デザイナー自身がパターンを引き直したオーバーサイズのジャケットと、同ブランドの名作“874”をカスタマイズしたパンツの2型で、“光”をテーマにしたオリジナルのワッペンと刺しゅうを施す。価格はジャケットが4万8000円、パンツが2万9000円。

 イメージビジュアルはフォトグラファーのRKが撮影した。

 なお同日、パーカやクルーネックスエットなども発売する。

 国内取扱店は以下の通り。アーバンリサーチ、GR8、コウズ リック クロ、ステュディオス トウキョウ、ヌビアン、ユナイテッドアローズ&サンズ、リステア、ロイヤルフラッシュ、アークワックス、アットワーク ローリン、2ファンタスティック、モデスト、コンフィデンス、リヴォルーション、カーネーション、ディテール、エスカーブスタジオ、ゾエトロープ・バイ・インテンション、イデアル ダイアログ、レガウス、アイン、アール、グランド デポ、ブティック エルミタージュ、ホワイ・アー・ユー・ヒアー?、チューズ、アールアンドコー プライオリティシックス、チェリー。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら