ファッション

完売必至の「セント マイケル」が「ディッキーズ」とコラボ ビジュアルはRKが撮影

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛けるブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は、9月4日に「ディッキーズ(DICKIES)」とのコラボアイテムを発売する。同ブランドは今秋デビューし、初回デリバリーはTシャツなどを数型発売したが即日完売した。

 「ディッキーズ」とのコラボアイテムは、“アイゼンハワージャケット”をベースに細川デザイナー自身がパターンを引き直したオーバーサイズのジャケットと、同ブランドの名作“874”をカスタマイズしたパンツの2型で、“光”をテーマにしたオリジナルのワッペンと刺しゅうを施す。価格はジャケットが4万8000円、パンツが2万9000円。

 イメージビジュアルはフォトグラファーのRKが撮影した。

 なお同日、パーカやクルーネックスエットなども発売する。

 国内取扱店は以下の通り。アーバンリサーチ、GR8、コウズ リック クロ、ステュディオス トウキョウ、ヌビアン、ユナイテッドアローズ&サンズ、リステア、ロイヤルフラッシュ、アークワックス、アットワーク ローリン、2ファンタスティック、モデスト、コンフィデンス、リヴォルーション、カーネーション、ディテール、エスカーブスタジオ、ゾエトロープ・バイ・インテンション、イデアル ダイアログ、レガウス、アイン、アール、グランド デポ、ブティック エルミタージュ、ホワイ・アー・ユー・ヒアー?、チューズ、アールアンドコー プライオリティシックス、チェリー。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら