ファッション

「レディメイド」の細川雄太がカニエのツアーグッズ仕掛け人と新ブランド「セント マイケル」をスタート

 リメイクブランド「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)がタッグを組み、新ブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」をスタートする。フランス・パリのショールームで1月に発表したのを皮切りに、2020-21年秋冬シーズンから国内外での本格展開をはじめる。

 ファーストコレクションは、フーディーとスエットプルオーバー、Tシャツの3型が中心。全てのアイテムを特殊ミシンによるフラットシーマで縫製し、綿糸の30番手という上質な糸を使用して滑らかな仕上がりと快適な着心地にこだわった。丸胴ボディや手作業による加工、ドラム式の大型タンブラーで乾燥仕上げを施すなど、ビンテージを忠実に再現している。色褪せしにくい特殊なプリント手法や染料を使う一方、着たり洗ったりすることで、生地の毛羽立ちやプリントのひび割れが生じる仕様だ。ほかにも「ディッキーズ(DICKIES)」や「ショット(SCHOTT)」とのコラボレーションアイテムもラインアップする。

 デウィットは1973年カナダ生まれ。LAを拠点にしながら、フォトグラファーやグラフィックデザイナー、ファッションデザイナーなどとして活動するほか、レコードレーベルも主宰する。カニエ・ウェスト(Kanye West)のツアーグッズを手掛け、近年では「レディメイド」や「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)らとコラボレーションしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら